決めること

 

中小企業子会社の現地法人代表はサラリーマン出身者なので、物事を決められないことが多い気がする。

ビジネスを円滑に進めるツールとして、会計知識を持つことがファーストステップだと考えたから、今こうして勉強しているのだが、果たして会計士並みに会計処理に詳しくなったとしても、彼らの課題を整理し方向付けることは可能なのか疑問に思えてきた。

 

会計知識がビジネスの共通言語であることは間違いないと思う。

そして、それら言語を可視化するためにExcelなんかのスプレッドシート、各種ツールを自在に使いこなす必要がある。

加えて、世界中亘り歩くためのグローバルトレンドを持ち、数字に強い人はとっても優秀だと思うし、こういうスキルを使う仕事を人種と国境を越えて出来る人間がグローバルなんだと思っていた。

 

ところ変わって、MBAホルダー/在学中の人のブログを最近みることが多い。

こういった人たちの持っているハードスキルは、新卒で入ったToptierの会社で身に着けて、ソフトスキルを磨くためにMBAに入っているというイメージが強い。

(ここでいうMBAは早稲田や一ツ橋若しくは海外大学院のような一つの専門性を身に着ける職業大学院ではない)

このソフトスキルを俗っぽい言葉でいうと、リーダーシップであると思う。

生きてきた年数が違う取引先、会社の意思決定に従うままのサラリーマン社長、そもそも価値観が全く違う外国人相手に圧倒的な求心力を持って物事を前に進められる人、すなわちリーダーシップがあると定義すると、

頭に浮かんでくるのは、平凡な人生で運よく巡り会えた、なぜそんなエネルギッシュなのか分からないけど、話すとヒリヒリするくらい緊張するすごい人たちである。

 

どんなジャンル、業界、職種でもいいけど、リーダーシップがある人はひとつ決めている。ビジネスの世界にMBAとかリーダシップスキルが分かりやすく要求されている理由は、人間が作った枠組みの中で、いま最も複雑だからだろうと思う。

 

自分は一本筋を決められているかなと内省する次第。

 

文章の途中でZone outしてしまう状態(Walter Mitty的な)

出典: 文章を読むのが苦手な人は何をすれば読めるようになるのか | 日野市豊田駅前の学習塾 進学塾ivy (アイビー)

 

"文章を読むのに苦労する人は、「意味」をつかむことが苦手です。

「文字列」の情報は、どんどん脳に送られてくるのだけれども、脳が、その情報を処理しきれないので、「読む」という行為が停滞してしまうわけです。...

...

頭の中に「内容」が入っていないわけです。

そうなると、再度、目で「文字列」を追う作業を繰り返さなければなりません。...

...文章を読むのが苦手な人は、そもそも「文章を読むことに集中する」ことが苦手です。ですから、文章を読むスピードを落としてしまうと、文章を読みながら別のことを考えてしまったり、別のことに気を取られたりして、「読む」という状態を維持できなくなってしまいます。"

 

こういう形で勝手に引用していいかは分からないけど、勉強ができない人の状態をうまく描写していらしていたので引用させて頂きました。

TOEFLでもCPAでも短いパッセージで問題を問われているにも関わらず、いざ選択肢に移ったとたん何をすればいいかわからなくなるのは、「意味」を捉えていないからに他なりません。

Multipul choiceでの回答は、究極的に短いアウトプットであり基礎を問うものです。

普段の読書においてもアウトプットを心がけていれば、内容の意味を捉えるいい訓練になりますが、具体的にはまず音読を推奨されているので、少しずつ始めてみようと思います。

 

効果測定

 

今のところやってみていいこと。

 

とりあえず超短期

1時間ごとの行動記録。(振り返りと予測を含む)

1時間ごとの効果測定と反省

可能な限り、今目の前で解いた問題の説明、1時間前やったことの説明。

目についた単語の定義の説明と問題定義を行う習慣。

 

ルーティー

ニュースについて、事実暗記+自分はどう思うか答えを出して理由を3点述べること。

日経新聞BBCPodcastのニュース

集中力が切れたときに見るブログで賢い人の考え方を学ぶ。

 

を1ヵ月キープしてみる。

谷沢の足跡②

 

いつも自分に振り返りの機会を与えてくれる谷沢氏の視点から、

今の自分に足りないものとこれからどうするか何となく考えてみる。

 

1-2年後に安西先生が見た、谷沢の姿はどんなものだったのか。

また、偉い人の言葉を何となく解釈してみて、どういう姿になってなきゃいけないのだろうか。

 

まず今何となく目指しているのは資格取得。

これがなければ、古賀さんのいうところの次の町へ冒険には繰り出せないことと思う。

抽象的なところでいくと、自分の頭で考える能力。そしてこれが一番不足していると思う。

内部的なところでいくと、資料を作成する。メールを打つ。議事録を書く。数字をエクセルにまとめる。上司に報告する。

外部的なところは、お客さんとの商談を持つ。商談を取り付ける。商談内容に満足してもらう。

これ全て、自分でどう思い何がベストかを考えたうえでフレームワークを洗練させていくのが一番正しい方法である気がする。

今までは、外部にフレームワークを探しそれを使いまわすことなく、一回毎に忘れ怒られることが多々あった。

自分の行動に意識的になれていないことが、漫然とした毎日と行動力や決定力に欠ける自分自身を生み出している。

 

具体的なアクションは、

仕事では、今は毎日報告する上司もいない。怒ってくれる人がいない環境だから、自分で本や強い自意識を以て切磋琢磨するしかない。

効果測定的に3ヵ月に1度会計士の方とお会いできているのはとても良いことである。

仕事外では、読書・資格試験・ブログ(文章を書く)に尽きる。あとは、誰かに言葉でアウトプットもしなきゃいけないか。

 

大原則は、どう思うのか、なぜかである。

 

ちらうら

谷沢の足跡

 

スラムダンクに出てくる谷沢龍二氏が単身渡米し事故死した年齢を知って驚いた。

24歳である。大学に通っていた描写があったことから、恐らく卒業を待つことなく現地に憧れて飛び出したと見える。

 

安西先生が彼の姿を見て放つ言葉が、かの有名な「まるで成長していない」である。

時間をかけて教えようと思っていた基礎が抜け落ちており、1-2年という貴重な時間を無為に過ごしてしまったことが知れるセリフである。

教育をしてくれる人は、ある程度責任を持ち、自分の豊富な(人によるが)経験に当てはめた上で1年後2年後こうなるだろうというビジョンを持って教えてくれる。

 

今自分の立っている状況を客観的に見つめると、実に谷沢的であるなと思った。

こうしてブログを書いて客観的に見ることがなければ、彼のように絶望する未来もあるかもしれない。

 

先人たちの足跡をたどり、学ぶことは学ばなければいけない。谷沢氏からは24-25歳の自分が身につけなければいけない基礎と、ある程度先のビジョン、プラスアルファのUSCPAである。

そもそも、教えを乞える人がいない中で一人よがりかつ天狗になっていてもしょうがない。かといって思考停止して毎日を無為に過ごすのはもっともったいない。

 

今日の夜改めて考えてみたいと思う。

感じたことを活かす作法

 

昨日の食事会で感じたことがあったとエントリーを書いた。

今までしばしば同じ気持ちになっていた中で、初めて文章化したと思う。

毎度同じ状況に直面するたびに、自分の考えの浅さに後悔し、恥ずかしいという誰のためにもなっていない気持ちを上塗りしずる賢さを助長していた。

 

今日初めて、フレームワークのような形で新聞を読んでみたり勉強してみたりした。

ビジネス本でよく出ている陳腐な言葉であるが、分かりやすく抽象的にまとめられているからこそ今まで論理を文字として追っていただけで、行動に移してなかったのであろう。

やはり実体験からフレームワークに、自分自身で帰納的に思考するのは何にも勝る成長だと感じた。

 

頭の中の偉い人(バカボンドでいう一刀斎や柳生石舟斎のイメージ)に、

「それ君はどう思う?」

「なんで?」

「小学生にも分かるようにそらで説明できる?」

 

と大勢の人の前で質問されているイメージを持つこと。頭の中に、あのヒリつく言葉遣いをする、自己が強そうで少し苦手な、でもとても優秀な彼らを常に隣に置いて訓練を積みたいと思う。

アウトプットする機会はあんまりないから、英語の勉強も兼ねて同僚に伝わるか練習がてらトライできたらいいね。

グループ会社との食事会

 

自分が所属している現地企業のグループ会社である事務所のトップと食事をする機会があった。ちなみに、御本人は月1回の来るか来ないからしいので、今後1年会わないかもしれず、とても貴重な経験であったことは間違いない。

 

車に乗るやいなや、

「会計って何?」「簿記って何?「会計と簿記の違いってなんだろう?「財務会計管理会計の違いってなに?」

から始まり、

自分の出生と、なぜこの国でこの仕事をしているのか。

当人からしたら、些細なアドバイスの前振りであり、相手自身を知るための小さな質問なのだろうと思う。しかも、後者の質問に関しては正解はないので自分をどう見せるかは自身の言葉遣いが全てである。

 

それでも、やはりこういう人を測るともとれる質問は苦手であった。

生まれや経験から、自分は相手が欲しているところに答えをあわせることを好んで発言していたからこう感じるのだと内面を自省して考えるようになった。

(客観的に捉えられているだけでも、過去の自分とは違い成長したと感じたい)

 

子曰く、なぜ働くかや人生のテーマは「自分を生きた証を残すことらしい」

何年後にこうしようなんて考えてないが、こうして生きたいという自己の強さは絶対に保っていなきゃいけないものだと思う。

他の子曰く、バカとアホは違う。自分は馬鹿だなと感じた。

この自分の中にある小賢しさを減らさなきゃいけない。継続した訓練によって成長できることは歴史が証明している以上、毎日24hを無駄にしないよう意識的に過ごすしかない。

 

結論だが、賢い人の話し方やオピニオンの強さはどこにいっても同じだなと強く感じた。それが前職で出会った、立ち入ってない中小企業の社長でもグローバルで働く人もそうだし、大企業のトップを務められた人もそうである。

”世の中を取り巻く情報に敏感であり、取り込む情報を自分ごととして捉え、自分の意見を何事にも持つようにしている。”

ここで自己の強さを支えているのは、強い原体験(リーダーシップ経験、貧困、苦難)や、陶酔出来るほど強い思想(メンターを始めとする第三者による言葉含む)など、考えに打ち立てられたDiciplineであり、決してグーグルでどこかの誰かが言った言葉を鵜呑みにしているだけではないのである。

 

興味を持ち、自分で何千時間も考え、打ち立てた思想は、それがどんなに社会的に陳腐な言葉であっても、とてもプレシャスである。自分もここにいるうちにDiciplineを持つ。